六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英会話の発音をネイティブ流に綺麗にするには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
自分の英語の発音が外人のように綺麗にできません。
何か特別なコツがあるのでしょうか?


【僕の回答】
声マネの練習をするといいですよ。


ものまねグランプリって番組ご存じですか。
コロッケさん、ご存じでしょうか。

コロッケさんの美川憲一ものまねは神業だよね。
だいぶ前に舞台に行ったんですけど、神の領域でした。
本人が乗り移っていました(笑)。

でもそんなコロッケさんはこういう言葉を残しています。

「2~3割も似ていれば、僕の中ではOKなんです。
あとの7~8割はオリジナルで自分のふざけ方や崩し方でいいと考えています」

英語の発音も同じと思うんですよ。
2割でもネイティブに似ていたら充分だと思いますよ。

ネイティブになる必要はないですから。
つまり我々は日本語なまりの英語でぜんぜんいいんです。
だって欧米に行ったら、なまりの英語だらけですよ。

たとえばね。
「父親が生粋のチリ人、母親がイギリス生まれのドイツ人」
が知人にいたのです。この人との英会話は意味不明でした。

でも、こっちも日本語なまりの英語だからね。
いい勝負だったとは思うんです。

だからネイティブの2割ぐらいマネるのを目指せばいい。
2割なら声マネの練習で間に合います。


「学ぶはマネぶこと」という言葉知りませんか?
何かを学ぶなら、まずマネることから始めなさいというお話です。

マネるって悪いことのように思われる方もいるかもしれません。
でもマネるって結構難しいんですよね。完全にマネることはできないものです。
独自色が必ず出ます。だからマネることから始めていいんです。

六単塾も「マネて英語をやる」戦略でやっています。
だから学びがあって結果が出やすいのは当然なのです。

まだ塾生でない方は下記をご覧ください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ