六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】準備さえしておけば英語もネイティブも怖くない

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
ネイティブ先生とお話していますが、いつもドギマギします。
街中のネイティブに道を尋ねられたときもドギマギしちゃって
頭の中が真っ白になってしまいました。何も話せないので本当に、なんか悔しくて・・・こんな私ですが、それでも頑張ろうと思っています。どうすればよいでしょうか?


【僕の回答】
日本人ならば誰でもネイティブと英会話するときには「ドギマギ」するものです。1度ぐらいは。
別にわるいことではない。


だが問題なのは、「何も英語が話せない」状態です。


ドギマギするのはいいとしても何も英語が話せないというのはまずい。
まずいというか、別の問題がある。


それは「準備不足」ということだ。


英会話には「準備」が必要です。
準備をしていればドギマギせずに英会話が可能だ。


具体的にはネイティブと会う【までに】一定の会話力を蓄えておけばいいのです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ