六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話するならネイティブが使った言葉を翌日使ってみろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
ネイティブの先生とお話ししたいと思っています。
しかし今まで通販のCDやらアルクやらTOEIC対策やら、いろいろ試したことはあるのですが、ものにならず、全て途中で終わってしまっています。


【僕の回答】
当然です。


通販のCDをやれば、その先生と話ができるのだろうか?
アルクの教材をやれば、その先生と話ができるのだろうか?
TOEIC対策教材をやれば、先生と話ができるのだろうか?


答えはNOです。
教材と先生は関係ないからだ!
(その教材を、先生が作ったのなら別だが・・・。)


じゃあどうすればよいのか?
簡単です。関係のない教材を勉強したりとか、そんなまわり道をせず!ネイティブの先生が話すことを、そのままあなたが話してみればいいのである!
それがネイティブの先生に話す、ということだ。英語学習では回り道をしている人が、世の中には多すぎる・・・。
やりたいことがみつかれば、やりたいことを一直線にやればいいのです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ