読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】通勤中に英語学習する方法

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
リスニング力を伸ばしたいのですが通勤時間を使えないかと思っているのですがどう思われますか?
通勤時間はちなみに3時間以上あります。


【僕の回答】
通勤時間が1時間以上ある人は、英語学習がうってつけです。
むろんリスニングも効果的だ。


では何をすればよいか?だが、通勤時は「復習」をしてほしい。カフェなど落ち着いた場所なら
新しいことを学んでもいいのだが、移動中だと集中力が途切れるからです。
あまり頭を使うような仕事はおすすめできない。


電車やバスのような移動中の場合は、復習などの決まり切ったことだけやるといいのです。


では、リスニングにおける復習というのは、どういうものか。


たとえばこれまでにわからなかった英文があるだろう。
そういう英文を聞くとよいだろう。
わからない言葉をMP3化しておいてストックしておけば
電車の中でもスムーズに聞ける。


しかしここで注意してほしいのは、「聞き流しは厳禁!」ということです。聞き流ししても効果はゼロだ。
英文音声は1回1回本気で聞かねばならない。
聞けなかったら答えをみて理解を深めて、また同じ英文を聞いてみて理解するよう努める。


繰り返すが、聞き流しさえしなければリスニング力というのは伸びる。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。