読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】ネイティブみたく英会話を長時間やっていく方法

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
ちょっとした英会話なら話せるのですが、長い会話ができません…。
ネイティブのようにずっとペラペラ話していてみたいのですが。
そうなるためには何が必要でしょうか?

【僕の回答】
ちょっとした英会話を2つ、つなげて話してみよう。


短い英会話を1つ話した後、次が続かない。
これよくあることですね。
英会話したことある方なら誰でも経験あると思うんですけど。

じゃあどうやったら長い英会話をペラペラできるのか?

「英会話1つと英会話1つ」を足すことから始めます。
単純に「and」でつなげればいいんだよね。

とりあえずは英会話2つを連続して話すようにする。
1分ほど訓練すればできるはず。
名詞やandを省略したり、動名詞にするのはその後だね。

1+1ができない人には、19203434+34808080は計算できない。
まずは1+1から。まずはそこからやるしかないんです。


でも英会話におけるほとんどの問題は、「1」が思い浮かばないことなんです。
つまり「●●って英語でどういうか?」がすぐ思い浮かばない。
材料がないので、料理ができない状態だね。

我々日本人は、2000個程度の英会話文はおぼえる必要がある。
そう僕は感じていて、それが正解だと僕は思っているんだよね。
だから英会話をおぼえるツールとして六単塾をつくったわけです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。