読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】TOEICでいい点数をとる5つのヒント

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
派遣社員で多忙ですが、正社員になるためにも今のうち
TOEICでいい点数とれるように学んでおきたいと思います。
どういう方法が一番いいでしょうか?


【僕の回答】
忙しい方に特にお勧めしている方法をお伝えしたいと思う。


1.朝起きたら一番始めに英語学習をすること。
何よりも優先する。ただし10分だけ。2.穴埋めの文法問題を中心にやること。
他の問題は捨ててよい。満点近くになってからでいい。
六単塾でも特別講座を用意している。


3.TOEICの試験を予約すること。
目標を早く作る。実力がついてなくていい。お金はケチらない。
英語は、お金をケチる人には勝てない世界です。


4.新しいこと2割・復習8割の割合で学ぶこと。
復習を重ねてスパイラル的にやると記憶に残りやすい。


5.リスニング対策としては日常英会話を学びながらがよい。
六単塾の必須講座を行なえばリスニング点数は 改善できる。以上、5点です。


以上がすべてではない。
ほかにもやったほうがいいことはあるのだが、まずはじめにやっておくべきことをまとめてみた。
是非、参考にしていただければと思う。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。