読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】TOEICテストのスコアアップは、とにかくスピードを意識しろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
TOEICの穴埋め問題解くとき、わからない単語とかありますが、一つ一つ辞書で調べながら解いたほうがいいでしょうか。


【僕の回答】
NO。
「英単語を調べながら問題を解いていく」
ことは非効率の極みです。


英単語を調べないと問題がわからないのであれば、「そもそも問題など解かなければいい」のです。


ではどうするって?


決まっている。
最初から答えをみていくのです。答えをみれば英単語の意味も書いているだろう。
調べる必要もない。
解説を読めば自分で解く必要すらないわけだ。


最初からバカ正直に問題と勝負しなくていいのです。
むしろそれは非効率です。


大事なことは「解法パターン」を頭に入れること。


そのためには、答えをみて理解したら、問題と答えのセットを覚えたらいいのです。


英語の習得には時間がかかる。間違いない。
だからこそ時間を短縮するうまみは桁外れに大きい!

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。