六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語の語彙力をアップするには頻出順で英単語リストをつくっておけ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
英字新聞を読むときですが、英単語で詰まってしまって立ち往生することがよくあります。
よい解決策はありますでしょうか?
やはり地道に英単語を覚えていくしかないのでしょうか?


【僕の回答】
相談者のように「分からない英単語が多いなぁ」
と感じるときは必ずやってくる。


そういうときがきたときは、いったん今の英語学習をストップさせてでも、英単語の習得をテコ入れしたほうがいいかもしれない。具体的には「わからない英単語リスト」を作ろう。
理由は、英単語を覚えるためではない。
英単語を覚える「優先度」を調査するためです。


ただし英単語リストをすべて覚えるわけではない
まずは英単語がでてきた数を調べるのです。
あとはたくさん出てきた英単語のみ覚えればいい。


英単語訳 頻出数 英文例
splendid 華麗な1・・・・
vehicle  車両 2・・・・
decline  断る 1・・・・

頻出数は調べるごとに更新してリスト化しておくとよい。

以上の活動は、ずーっと長い間する活動ではない。
あくまで「最近よくわからん英単語増えたなぁ」
と感じたときにおこなう特効薬です。


ある程度効果が出たらまた元の英語学習に戻っていただきたい。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ