読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】ストック学習とフロー学習の違いを知っておけ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

あなたに覚えてもらいたい言葉を紹介したい。
「ストック学習」と「フロー学習」だ。


ストック学習とフロー学習は、性質も目的もまったく異なる。
ちなみにこの2つの言葉は僕の造語です。
僕は、社会人には、ストック学習とフロー学習を組み合わせることが英語上達の一番の早道だと確信している。社会人は忙しい。仕事にも遊びにも忙しい。
その社会人が、数少ない時間を使って
英語というとてつもない怪物(!)と戦うというのだから、これは普通にやっていてはダメだ。
頭を使わねば、到底できない。


僕の好きな言葉でいえば、「戦略」を練らねばならないのです。
そこで僕が考え出したのが、このストック学習とフロー学習だった。


ただ、人によって理解度が違うのももっともだし、人によって質問が異なるのもよくある話だ。


できればメール交換をしながら
質問と回答を繰り返して理解度を深めていくのが一番である・・・。
ただ残念ながら、塾の方針として、僕は塾生にしか回答できないので、できれば塾生になって質問ばんばんいただきたい。
そう願っている。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。