読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語は記憶力が落ちても、いくらでも暗記できる

六単塾の祐樹です。こんにちは。

自分の記憶力に自信がない方、多いだろう。
よくわかる。僕も記憶力は年々落ちている。
半年前の旅行の記憶がさっぱり抜け落ちてる。


ただ、僕は記憶力が落ちているにも関わらず、英文を50000個以上覚え続けることができている。

なぜなら「暗記力を」鍛えるようにしているからです。僕は記憶と暗記を別物として捉えている。


記憶力とは、純粋に脳そのもので記憶を呼び起こす力。
脳の活性化とか、頭脳のよさとかそういう類のものです。


一方、暗記力とは、暗唱して記憶を呼び起こす力だと。
手段はなんでもいい。頭脳に無理に使わなくてもいいのです。
記憶を呼び起こす「トリガー」に力を入れる考え方です。


要するに、僕は頭脳に頼っていない。昔から。
脳の記憶保持力が他人より弱いことはわかっているから。
頭脳に頼らなかったからいくらでも暗記できた。

だからね、あなたも記憶力が落ちたといって凹む必要ないし、記憶力が落ちても英語はできるし覚えられるから、安心してほしい。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。