六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英会話スクールで子どもがいじめられました。親の対処法とは?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
子どもの将来を考えて英会話スクールに通わせています。
当初は楽しそうでした。

しかし最近は友達にいじめられているようです。
先生に言いましたが、あまり取り合ってもらえません。
どうしたらいいでしょうか?
やっと入れた評判の良いスクールなので、迷っています。


【僕の回答】
お子さんに「がんばってるね」と言ってあげてください。
「無理ならやめていいからね」と言ってあげてください。


いじめの原因の多くは「環境」です。
環境が悪かったら、誰だっていじめられる可能性が必ずある。
いじめられるような子でなくても、環境1つでいじめられたりするんです。

むろん本人にも何か問題はあるかもしれないです。
どうもいじめられるような態度をとってるとかね。
そういう反省はあるかもしれません。

でも環境が悪いと、絶対にダメで、自分の力ではどうにもならないんです。
いじめられる環境にいると解決はできない。
だからご両親としては「環境を変える」のが戦略的に正しい。

でも子どもは、環境を変えたらいけない、って思ってます。
お父さんお母さんに怒られる。そうわかってるからね。
だからいじめられても我慢して学校に通い続けてしまう。
いまの子どもって我慢するから。

でもそれで限界がきて、学校がキライになっていくからね。
しまいには、親も嫌いになってしまうんです。

だからご両親は「がんばれ」って言わないほうがいい。
言わなくてもがんばるのが子どもだから。

その代わりに「イヤならいつでもやめていいんだよ」とそう言ってあげよう。

すると子どもは「やめていいんだ」と緊張がゆるみます。
そこでようやく冷静になれて、自分の態度の改善もする気になるんですね。
そして「お父さんお母さんは私の味方だ」とそう子どもは思うようになるのね。
こっちのほうが大事じゃないかな。

ほかにもこういう言葉もお勧めですよ。

「そんな悪者がいるのにがんばってるよね。すごいよ」
「任せるけど、限界がきたらやめていいからね」
「ほかにいい場所、たくさんあるんだから」

このように主導権をあくまで子どもに渡すんです。
親としては提案はするし、応援はするけれども、判断は子ども自身にゆだねる。
そういう教育こそ英才教育と僕は思う。子どもが自分で考えるクセがつくからね。

主導権を子どもに渡すといいこともほかにあってね。
両親への信頼は厚くなるんです。
だいじなときに、話を真剣に聞いてくれる。

そして子どもが大人になったとき。子どもはこう言ってくれます。

「お母さんはあのとき信じてくれたよね。」
「お父さんはあのとき守ってくれたよね。」

それで、いじめの話に戻りますけど・・・

子どもには環境を変えられないです。
いじめられるとわかってる英会話スクールに通うしかない。
これって子どもには生き地獄なんですよね。

だからご両親としては環境を変えることも辞さない。
そういう決意を大人側は持っておくといいと思います。
変えるかどうかは別にしてね。
環境を変えられるのは大人しかできないから。

大丈夫です。
英会話スクールはたくさんあります。
そして別に英会話スクールなんて行かなくてもいいんです。
ご近所さんが行ってるからといって、行かなくていいんです(笑)。

いまは学校教育すら必要な時代ではありません。
一流大学を卒業した人でもニートになってる時代ですからね。
僕の知り合いに何人もいますよ。

ニートが悪いってわけじゃないですが、学校教育は必要か?という話です。
偉人と言われる人も、学校教育を受けていない人が多いでしょ。
それは親の教育が学校教育より良かったからですよね。

世間体より子どものプライドを守ってあげるほうがいいよ。
英会話スクールだって学校だっていっぱいあるんですから。
子どもの環境を変えてあげるのは親の役目です。


六単塾のような通信制の環境なら、いじめられることはありません。
当たり前ですけど(笑)。
でも今は集団教育って流行らない時期だからね。
在宅で充分、英語ってうまくなるものですよ。

下記をご覧ください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ