読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英文を読むようにさらっと英会話するには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
英文を読むことは比較的得意ですが、英会話は苦手です。
英文を読むようにさらっと話すにはどうすればよいですか?


【僕の回答】
英会話はつくらず、思いだす。


「英文を読むこと」と「英会話」は全然違うものです。

英語を読むとは「英語⇒日本語」にすること。
一方、英会話は「日本語⇒英語」にすることですからね。
真逆でしょ。

で、英文を読むときどうするか。

普通は英文法で翻訳するよね。
それはそれでいいんですけど…問題もある。

問題は、その英文法は英会話には通用しないということなんですね。

なぜならその英文法は・・・・日本人の日本人による日本人のための英文法だからです。

僕らが学んできた英文法。
これ、イギリス人の話す英文法とは違うんですよね。
むろんアメリカ人の話す英文法ではない。

じゃあ僕らの学んだ英文法はなんなのか?

日本の偉い学者先生が「後付けで」つくったものです。
本物の英文法じゃないの(笑)。

もともと日本語と英語はぜんぜん違う言語です。
それを翻訳するために一定のルールを決めたんだね。
それが僕らの知ってる英文法。

だけど論理的に合致しないことが多く発生した。
そこでその穴が出るたび、新ルールをつくった。
それで英文法の教科書はあんなに分厚くなったわけだ。

英文法に頼ってると英会話はきつい。
英文法をつかわずに英会話すること。

英会話を日本語から作り出そうとするとダメ。
英文法に頼らざるを得なくなります。

しかしその英文法はまやかしです。
日本人以外に通じない。

だから英会話はつくらずに「思い出す」。
英会話はおぼえて、おもいだせばいいんです。


「英会話をつくらない」という方針にすると、やることが変わります。
翻訳することが、まずできなくなるよね。
英文法に頼ることも当然できなくなる。これがいいんです。

英語を読むときは、英文法に頼っていいんですよ?
英語を話すときは、英文法を捨てなさい、ということです。

そういうことを六単塾では教えています。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。