六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話学習はリスニングとスピーキングをわけて考えよ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
スピーキングもリスニングも両方習得したいのですが、六単塾さんの『よくある質問』を読ませていただくと、まずはスピーキングを申し込んでみるのが手ではないかと解釈しました。これでよいでしょうか・・・?


【僕の回答】
英会話はリスニングとスピーキングの合わせ技です。リスニングは、聞く力。
スピーキングは、話しかける力だ。
両方のスキルがないと、英会話は成立しない。


しかしこの2スキルを同時習得しようとする人が多い。
いや、同時に習得するのはまだよいとしても、同じやり方で習得しようという人がほとんどだ。
なので失敗する人が後を絶たない・・。


実はこの2スキルは、別モノのスキルです。
スピーキングとリスニングは別の戦略が必要になる。


たとえば、覚える会話量を考えてみよう。
スピーキングとリスニングでは全然違う。


結論から言えば、スピーキングでは、覚える会話量は少なくていいが、リスニングでは、覚える会話量は非常に多いのです。


スピーキングの勉強、リスニングの勉強を、いつ、どこで、どのような順番で作戦立てて
間違わずに効率よく学習していくか?
これが決め手となる。


もし具体的に聞きたいなら、六単塾塾生になって
質問してください。回答させていただこう。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ