読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】失敗しない、役立つ英語の先生を見極める方法

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
さまざまな英語学習法があって何をすればいいか悩んでいます。
毎月新しい英語本が出版されていますし・・・。
どの先生の言うことを信じればよいのでしょうか?


【僕の回答】
今も英語を勉強している先生に学ぶといいよ。


いま、英語を教える先生は飽和状態です。たくさんいる。
情報があふれてるから受けるほうも大変ですね。
しかもみんな違うことを言ってるから混乱させられるよね。

代表的な例でいえば

「英語は聞き流せばわかる」
「英語は聞き流すな」

などです。どっちやねん!っていう(笑)。

これね、どっちが正しいか。
プロにはすぐわかるんですけどね。

「あ、こいつ商売のためやってるな」とはすぐわかるし。
「ただし・・、が抜けてるな」というのもすぐわかる。

ただ、英語学習法がたくさんあるのは良いことですよ。
僕も自分の英語学習法が唯一無二と思ってませんし。
さまざまな方法があってしかるべきと思っています。

ただ、その英語学習法が正しいかどうか、1つだけ判別方法がある。
「先生が生徒と同じようにやってみて」結果がでるかどうか、です。

それで結果がでてはじめて「結果がでた方法と言える」。
そう僕は思いますよ。

だって英語を話せる人がみな、英語を教えるプロではないからね。
ただ話せるだけで、人に教えられることはまったく別の話だ。

野球でいえば、選手がみんな監督になれるわけはないよね?それと同じです。
プロの選手でも、監督としてはアマチュアだ。監督になるのはむずかしいよ。

だから、英語の先生やメーカーの良さを見極める方法は簡単だ。
その英語の先生か担当者が、今も英語勉強していればいい。

自分のやり方で英語を勉強してて成果が出ているかどうかだ。
それを公表した上で結果が出てるなら信用できる。
その人を信じてもいいんじゃないかな。


僕は、今も六単塾のやり方で語学を勉強しています。
英語じゃなくて、フランス語とドイツ語とイタリア語ですけど…。
他の言語でも、六単塾のやり方が良いことは実証しています。
これがプロというものだね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。