読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語の成績が悪くても英語はうまくなりますか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
昔から英語は苦手でした。
英語の成績もよくないほうでした(むしろ悪いほうです)
こんな私でも今からやって英語がうまくなりますか?


【僕の回答】
「継続する仕組み」さえつくれれば、英語はうまくなりますよ。


僕のように普通の人が英語で成功する方法は1つです。
英語を継続すること、これしかありません。
これホントのことですよ。

英語に限らないですけどね。
すべての活動において成功率は継続した時間に比例する。

つまり、以下の式になります。

成功=時間×才能。

ところがこの人間の「才能」は凄くてね。
「才能は時間をかけると開花する」ことがあるんです。

つまり時間を増やせば「才能」の項も大きくなると考えると、以下の式になるね。

成功=時間(二乗)×才能。

時間を増やすほど倍々ゲームで成功するってことです。
これを僕は「成功方程式」と呼んでます。

なので、英語で成功したいなら簡単です。
「英語の学習時間をただ増やすこと」だけ考えておけばいい。
これを時間戦略というんですね。

ただし社会人は忙しくて、なかなか英語学習の時間を増やせないよね。
たとえば1日10時間も勉強するなんてことは普通できない。
だから1日当たりの時間は短くして、その代わり英語学習を継続すればいいんです。
引き伸ばすイメージですね。

だから「継続」がすべてなんです。
それも誰でもできるように「仕組み化」すればいい。
英語を継続できる仕組みさえできれば、天才じゃなくても勝手に英語ってうまくなっていく。
英語で成功できてしまうものなんですよ。


「英語を継続する仕組み」は、1人ではちょっとできないものです。
チームを組んでサービスにしないと仕組みにならないんですよ。
だから六単塾が生まれました。



この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。