六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語の成績が悪くても英語はうまくなりますか?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
昔から英語は苦手でした。
英語の成績もよくないほうでした(むしろ悪いほうです)
こんな私でも今からやって英語がうまくなりますか?


【僕の回答】
「継続する仕組み」さえつくれれば、英語はうまくなりますよ。


僕のように普通の人が英語で成功する方法は1つです。
英語を継続すること、これしかありません。
これホントのことですよ。

英語に限らないですけどね。
すべての活動において成功率は継続した時間に比例する。

つまり、以下の式になります。

成功=時間×才能。

ところがこの人間の「才能」は凄くてね。
「才能は時間をかけると開花する」ことがあるんです。

つまり時間を増やせば「才能」の項も大きくなると考えると、以下の式になるね。

成功=時間(二乗)×才能。

時間を増やすほど倍々ゲームで成功するってことです。
これを僕は「成功方程式」と呼んでます。

なので、英語で成功したいなら簡単です。
「英語の学習時間をただ増やすこと」だけ考えておけばいい。
これを時間戦略というんですね。

ただし社会人は忙しくて、なかなか英語学習の時間を増やせないよね。
たとえば1日10時間も勉強するなんてことは普通できない。
だから1日当たりの時間は短くして、その代わり英語学習を継続すればいいんです。
引き伸ばすイメージですね。

だから「継続」がすべてなんです。
それも誰でもできるように「仕組み化」すればいい。
英語を継続できる仕組みさえできれば、天才じゃなくても勝手に英語ってうまくなっていく。
英語で成功できてしまうものなんですよ。


「英語を継続する仕組み」は、1人ではちょっとできないものです。
チームを組んでサービスにしないと仕組みにならないんですよ。
だから六単塾が生まれました。



この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。