六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話もフランス語も話せるようになるには?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。

今日は英語のお悩み相談コーナー。
塾長の脱力系コメントもあわせてお楽しみください。


ある大学で准教授の職にある者です。
海外発表が多く、英会話の必要性が最近特にあります。
しかし苦戦しているのが現状です。

頭の中がガチガチの理系な私でも英会話できるでしょうか?
コツがあれば教えてください。


英会話を「数学」としてとらえよう。

僕は英会話を、理系の科目だとおもっています。
文系の科目とはとらえてないんですね。

もっといえば・・・。

英会話に必要なのは、語学力ではなく数学力。

英会話に必要なのは、文法論ではなく確率論。

僕はこういう考え方をしています。

なぜこういう考え方をしているかといいますと。
僕が理系の人間だからというのもありますが(笑)。
一番の理由は、「どの言語でも話したいから」です。

英語という狭い言語の世界だけにとらわれるのではなく。
どんな言語でも話せるような考え方はないだろうか。

そう考えたときに生まれたのが「英会話は理系科目」。
英会話は確率論・数学的な発想でとらえる発想です。
これがうまくいった。

たとえば僕は、英会話では英文法の存在を無視しています。
英文法をつきつめると、英語だけの世界に入ってしまう。
他の言語、たとえばドイツ語やフランス語は話せない。

そこで英文法で翻訳することはしない。

代わりに英会話文を発音カナという記号として考える。
そうするとドイツ語でもフランス語でも記号として扱える。
つまり、どんな言語も発音カナという記号で扱えるのです。

そしてさらに考えを先に進めます。

発音カナという記号が会話中にでる頻出度を計測してみる。
出現頻度の確率の高い記号から覚えていく戦略をとる。
つまり数学的なアプローチをとるのです。

するとおぼえた英会話が会話中に出る確率が増えた。
そして言いたい英会話を会話に言える確率も増えた。

つまりリアルに英会話ができるようになったのです。
しかも英語以外の言語も会話ができるようになる。

同じことをすればいいだけです。
言語独特の言い回しなど、一切気にする必要はない。

長くなりましたが、まとめると以下のようになります。

・数学的なアプローチで英会話はリアルにうまくなる。
・英語以外の言語も同時習得が可能になる。

これが祐樹式英会話戦略です。
こういうアプローチで攻めてる人は他にいません。
僕の知る限りですけどね。

だからこの話をすると最初は皆さん驚きます。
驚いた人は、この英会話戦略の信望者になります。
結果がでるからね。

ご参考にしていただければ幸いです。

※※※

英語は、疑問を解消すればするほど上達するものです。

「どうやって英語を学べばいいの?」
「この表現は英語でどう言うの?」
「この英文はどういう意味なの?」

こういう疑問を解消すれば英語は劇的にうまくなる。
そう我々は確信しています。

こうして六単塾は、英語の相談サポートを始めました。
英会話堪能・TOEIC満点近い先生が何度でもアドバイス。
六単塾に頼るとお得な理由です。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。