六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語のリスニングは誰でもできる

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
ネイティブの英語がなかなか理解できない自分にいらだって
います。英語を日本語で理解しようとする際に、どういう
ことに注意すればよいでしょうか?


【僕の回答】
英語を日本語で理解する際に気をつけることは、たった1つ。
「翻訳はしないこと」。


翻訳してはいけない。
翻訳さえしなければ、地道な努力で英語は日本語で理解できる。


翻訳をしないということは、どういうことか?
英語フレーズを「思い出し」「唱える」ということだ。意味、わかりますか?


つまり英語が理解できるかどうかという基準はたった1つ。
思い出せるか、思い出せないか。それだけだ。


英語を理解できるかどうかは、発声直後にすぐに決まるわけ。


覚えていなければ「わかる可能性は0%」だ。
あらかじめ覚えていたら、思い出せるから可能性は100%。


英語がわかるかどうかは、0か1だけなんです。
その勝負は、ネイティブに出会う前に、決まっている。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ