読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】外国人が集うカフェで英語を話しかけるには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
最近、外国人が集うカフェに行き始めました。
でもなかなか話しかけられません・・・。難しいですね。
どういうことから始めたらいいでしょうか?

【回答】
カフェの店員に話すことから始めよう。

【解説】
知らない人に話しかけるのは、相手が日本人でもむずかしいものです。
日本人はそういうのに慣れてない。

じゃあどうするか?
僕ならカフェの「店員」に話しかけますね。
外国人の集うカフェなら店員さんも英語もできる人がいます。

店員に話すことは普通だから、世間話もできるでしょ。
店の話をするなら、盛り上がりますよ。
僕は以前、コーヒー豆の話題で1時間話し込んだこともあります。
我ながら、どーでもいい話でしたけど・・・面白かったです。

このように、話しかける人を見極めるといいですね。
外国人だからといって、全員が親切な人ではないですし。
全員があなたと話したいわけでもないですから。

英語は「話しかけてもよさそうな人」と話すのがベストです。

【追申】
英会話は、リスニングができてれば誰とでもできます。
リスニング8割、スピーキング2割とかんがえてください。
そうすると成功例が生まれます。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。