六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英文を読むなら部分的に参考書を利用せよ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
外資会社の為、英語のみのメールも少なくなく、今後上に進む為には英語は当然必要になってきました。
しかし今までの英語拒絶が仇となり、メールを訳す事も出来ない始末。
今後の対策について、ご意見お聞かせ願えますか?


【僕の回答】
メールを訳せないということは、中学生レベルの文法知識が足らないように思える。


なので中学2・3年生向けの参考書を1ヶ月程度の短期間で、独自にががっと学んでしまった方が早いと思う。


ただし!独自に学ぶっていうのは、いきなり参考書を1からやっていくことではない。
メールを翻訳するためだけに参考書を使うのです。


まさに参考書は、参考のために使うのです。
1から学ぶ必要はない。


メールを、参考書を使いながら、試行錯誤しながら
翻訳していく姿勢が大事なのです。それで「ああ、この文は過去分詞か」とわかれば、そこだけを重点的に参考書で勉強すればいい。
全部をざーっとするんじゃなくて、まずは課題をみつけ、課題がわかれば、課題を集中的につぶすということです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。