六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】気がつけば英語がうまくなった勉強法

六単塾の祐樹です。「英語をラクしよう」のお時間です。
今日は「気がつけば英語がうまくなった勉強法」をお教えします。

気づいてないうちに英語がうまくなったらいいですよね。
「あれ、なんかBBCのニュースがききとれてきた」みたいなね。
僕は個人的には、そういうことが2・3回はありました。

で本題です。
「気が付けば英語ができていた」となるにはどうすればよいのか?「英語を勉強してる」意識がない状態にすればいい。これどういうことかといいますとね。
「呼吸と同じように英語学習しよう」ってことなんです。

呼吸を意識している人はいないでしょう?
自然に、勝手に、呼吸しているわけですよね。
そういう英語学習こそ理想的なんですよ。気が付かないうちに英語力がつくというね。

じゃ具体的にどうすればよいか。下記の3つの法則を満たせばいいんです。


法則1.なにかのついでに英語を学ぶようにする
⇒なにかのついでに英語学習するなら、英語あってる意識は減る。

法則2.機械的に英語を学ぶようにする
⇒機械的な作業であれば手が勝手に動けば、英語の意識は減るよね。

法則3.英語学習時間を極小化する
⇒英語の勉強時間は0に近ければ近いほど、意識から消える。


以上の法則3つを満たす英語学習をすればいいの。
そうすれば「気がついたら英語がわかるようになってたわ」
「気が付いたら英語が話せるようになってたよ」という状態になるんですよ。では上記3つの法則を満たしてます。

法則1.なにかのついでに英語を学ぶようにする
⇒メールチェックのついでに英語学習ができる。

法則2.機械的に英語を学ぶようにする
⇒メールの問題を読んで答えを言うだけ。

法則3.英語学習時間を極小化する
⇒メール1通読めば終了。1分でも終わる。

だから「気づいたら英語がうまくなった」と嬉しいことがリアルにあるのね。
僕はそうやって仕事で忙しい中、英語を上達させてきました。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。