六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】短期の語学留学で損しないコツ



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
実は、いまシドニーへ短期留学中で1週間が経ちました。
想像通り、英会話が通じず、しかも何をいっていいのか
混乱してしまう事態です。留学期間があと8週間なので、焦っています。


【僕の回答】
一番大事なことは、「どこで」「何を」話すかを先に決めること。なんでもかんでも英会話しようとするのは、無理だ。
理由は、数年かけてようやくできることだからです。
8週間ではとても無理といっていいと思う。


では滞在期間にどういう成果を持ち帰るべきか?


「少しでも英会話できた」成功体験を作るべき。
そう僕は思うのです。


それでは、英語の成功体験を作るには、どうすればよいのか?


「場所」と「会話内容」を事前に決めればいい。
それで成功体験が作りやすくなる。


具体的にはまず「どこで」英会話するか。
場所を決めよう。
お勧めなのは「ファーストフード店」「図書館」。
なぜなら、話す内容が決まりきっているからです。


あとは、そこで「何を」話すかを決める。
具体的には、予想される会話を決めウチしてしまう。


ファーストフード店なら、「to go」「for here」「a double burger, please」
などが想定できるはずだ。


このような、決まり文句を洗い出せばいい。
ネット使えるなら会話例は腐るほど出てくるし、参考書にもたくさん載っているだろう。
六単塾の塾生なら、講師に相談すればいい。ご武運をお祈りする。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。