読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語に飽きてきたら、目的・目標・デッドラインでやる気を持続せよ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
残業残業の毎日ですがなんとか英語勉強をしています。
今のうちにやっておくことが大きな差をつけると思うからです。
そこでこのやる気をなんとか持続させたいのですが、いい案はありますか?


【僕の回答】
英語でやる気を継続させる方法はたくさんある。
今日はその中でも一番効果的な方法をお教えしたい。


それは「目的・目標・デッドライン」です。目的を決めて、目標を設定して、デッドラインを打ち立てる!
そうすればやる気も「もりもり」です。


具体的に説明していこう。
まずは目的の明確化だ。


「なぜあなたは英語をしたいのか?」
「英語をつかってあなたは何をしたいのか?」
「英語をつかってあなたはどうなりたいのか?」
「でなければ何を目指すのか?」


といった根源的な目的を明確化する。
目的がなければ強引にでも目的をつくる。


目的はなんでもいい。
たとえば


「なぜあなたは英語をしたいのか?」
 ⇒ボケ防止のために英語を勉強したい


「英語をつかってあなたは何をしたいのか?」
 ⇒海外旅行で英語をつかってかっこいいところをみせたい


「英語をつかってあなたはどうなりたいのか?」
 ⇒同上


「でなければ何を目指すのか?」
 ⇒孫と英語で簡単なお話しがしたい


・・・・といった目的をつくるわけです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。