読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】複数言語成功者になるための鉄則

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
英語や他の言葉を話せる人がうらやましいです。私も将来は複数の言語を使えるようになりたいのですが、英語で今もうまくいかないので、いつになればできるのか
考えるとダメじゃないかって思っていまいマス・・・。


【僕の回答】
複数の言葉を話したり理解するには、目的が必要です。「なんのために?」複数の言葉を使いたいのか。
そこが明確ならば、可能だ。


僕の場合、目的は、始めから明確にしていた。


●英語の目的: アメリカで永住するため。
そのためにニュース英語・日常英会話力を目標にしていた。
それから新聞程度の読解力、メールを書く力も目標にしていた。


●フランス語の目的: フランスサッカーの中継を理解するため。
フランスサッカー番組の実況放送を生で聞きたかったので、サッカー番組でのフランス語リスニング力を目標にした。
結果、フランスサッカー番組はほぼわかるようになった。


●ドイツ語の目的: ドイツ語で本を読みたかったため。
クラウゼヴィッツなど僕が好きな人の書籍を原作で読みたかったが英語よりもドイツ語のほうがよい、と聞いたので。
結果、読むことだけだがなんとか読めるようになった。


●イタリア語の目的: イタリアに1週間滞在するため
ヨーロッパでイタリアが結構好きになったのだが、ツアーはあまり好きでないので、個人旅行がしたい。
そのために1週間滞在できるためのイタリア語力を目標にした。


以上のように、目的を明確化することが大事と思う。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。