六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語を真剣に習得したいなら一点集中せよ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

今回は英語を真剣に習得したいあなたのためのコラムです。


英語を真剣に習得するには、1つ肝に銘じておいてほしいことがあります。
心構えとしてね。
それは何かというと、「必要最小限」という言葉です。

なぜなら真剣な人ほど、真面目にやる傾向があります。
真面目にやりすぎる傾向があります。
真面目にやりすぎると、いつか「切れる」ときがあるんですね。
英語学習をプツンとやめてしまう。やる気が切れてしまう。
そういうときがきちゃうんですよ。真剣な人ほどね。

だから、真剣なのはいいけど、真面目にやりすぎないこと。
この心構えがしぬほど必要です。

そのためには「必要最小限」という言葉を覚えておいてください。
必要最小限なことだけやればいいんだ、って覚えておいてください。
大丈夫。必要最小限なことさえやれば英語ってできますから。


で、必要最小限なことって何かというと、たとえば下記の2つがあります。

・英語教材の種類を必要最小限にする。
・英語学習の内容を必要最小限にする。

たくさんの英語教材をやってる人がときどきいます。
今日はAの教材、明日はBの教材…というふうにね。
熱心な方にはよくあるパターンです。

でもこれは集中力を欠くので英語力が伸びないのです。
たくさん英語を勉強しているようにみえるけど、そうじゃないの。
1つ1つの英語教材の勉強を「薄めている」とも言えるわけ。


たくさんの英語学習をやっている人がときどきいます。
今日は英単語暗記、明日は英会話スクール…というふうにね。
やる気のある型にはよくあるパターンです

でもこれも、さっきの話と同様に英語力が伸びないのです。
英語学習は分散しちゃいけないんだね。1点集中が基本なの。

英単語暗記するなら、それに一点集中する。
満足したら、次の英語学習に一点集中する。
こうやっていくのが筋なの。

一点集中でやろう。

六単塾は英文を覚えることだけに集中した英語塾です。
なぜなら「これだけやっとけば英語はOK」だからです。
だから時間を減らしてラクしてもいいんです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ