六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】海外滞在中ですが英語を話せません。話しに行ったほうがいいですか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
旦那の仕事の都合で、アメリカに長期滞在しています。
英語を話せる状況にありますが英語に四苦八苦しています。
話は得意ではないのですが、積極的に話をしたほうがいいのでしょうか?

【僕の回答】
あえてネイティブと英会話をしなくてもいいですよ。
リスニングは1人で習得できます。リスニングに関していいますとね。

ネイティブと英会話しても時間の無駄なんです。
ネイティブの存在はむしろ負債になります。

ネイティブと英会話してリスニング力を伸ばすのは非効率なの。
ものすごく効率が悪いんです。

なぜならリスニング力=「覚えている英会話数」だからです。
リスニング力は、暗記量に比例するのです。

だから1人でコツコツ英会話を覚えていけばいい。
そのほうがぜったいに効率がいいんです。

日常英会話程度がわからないなら、ネイティブと会う必要はないです。
会いたかったら会ってもいいけどね。
リスニング力という面では非効率な時間を過ごしている。

英会話スクール、オンライン英会話も同じことだよ?
リスニング鍛えたいなら、これらは時間のムダ。非効率です。
1人でコツコツ英会話覚えていった方がはるかに早く上達する。

聞き流し系英会話教材もダメ。
リスニング力=「覚えている英会話数」です。
聞き流すと、覚えている英会話数は「ゼロ」だ。
つまりリスニング力も「ゼロのまま」ということだね。六単塾では英会話を覚えることに特化した塾です。
ネイティブの存在は邪魔だから、オンライン英会話なんかしない。
聞き流し系の英会話講座もつくらない。無駄ですからね。

本質だけ追及すれば、英会話ってわかるものですよ。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ