六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話スクールの正しい使い方

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
英会話スクールに一緒に通っていた友人が「もう辞めようかな」といってやる気をなくしています。
かくいう私もそうなのです。
米国で出会った日本人の知人は、みるみる英語が話せるようになっていてうらやましい限りなのですが・・・。


【僕の回答】
やる気が出ないのは結果が何もないからであろう。
さもありなん。英会話スクールに頼ることが間違いです。


英会話スクールはただの「実践場」でしかない。
あるいは「試験場」でしかないのです。


英会話スクールが悪いわけではない。
英会話スクールに通う人が悪いわけでもない。
英会話スクールの「使い方」を知らないのが悪いのです。


英会話スクールは英語を話す機会を作ってくれる場所としては素晴らしい。
だからあくまで「話す場所」として利用するのです。


英会話スクールでは教えてもらうことは何もない!
とは言い切れないが、割り切ったほうがいい。
英会話は独学で自分でやるものだと・・・。


英会話スクールを「うまく使えば」
もっと英語に希望が持てるに違いない。
僕はそう思う。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ