読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】早く英語を上達したいんですが良い方法はありますか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
早く英語を上達したいんですが良い方法はありますか?

【塾長の回答】
あえてゆっくり時間をかけて英語を学んでください。
「いつまでに」という時期は設定しないでください。

-----------------------------------

早く英語を上達する方法はないですか?というご相談ですね。
逆説的になるのですが、「あえてゆっくり」時間をかけるのをお勧めします。


ゆっくり時間をかけることが、逆に早く英語を上達する狙いなのです。
仮に英語を早く上達させようと画策するとしますよね。
そのためには、たくさんのことをやらなくてはいけなくなります。


「いついつまでに英単語100個覚える!」みたいなノルマができるんです。
ノルマができるとダメです。もう英語が楽しくなくなってしまいますから。
そして英語が楽しくなくなると、辛いだけになるので、すぐに挫折する。
こういう悪循環になるのです。
そう。
英語というのは、「いつまでに」は禁句です。
「いつまでに英語がうまくなる」と言うのは禁句なのです。
「いつまでに英語がうまくなる」と言ったとたんに、挫折の道にはいります(笑)。


だからゆっくり時間をかけて、英語を学びましょう。
「いつまでに」という時期は設定しないでください。
僕の英語塾では、目標はありますが、ノルマはありません。


ノルマができたとたん、英語が楽しくなるからです。
ノルマなく、粛々と毎日を楽しむのが成功のコツです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。