読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】TOEICテストでいつも時間切れになってしまいます。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
TOEICテストでいつも時間切れになってしまいます。
時間内で全問解けるようになれば点数も上がると思うのですが。
やはり基本的な英語力が不足しているのでしょうか?

【塾長の回答】
自分で模擬試験をやって時間を測ることをしましょう。
どの程度時間がとられているのかを把握すれば解決できます。

-----------------------------------

TOEICテストで時間切れになってしまう、というご相談ですね。
たしかにTOEICは時間との勝負です。時間切れで終了する人も多いと思います。
それにTOEICはマークシート形式です。


だから問題を解く以外にもしなきゃいけないことがある。
解答シートで、枠をはみださないように綺麗に●を塗らなければならない。
解答を飛ばして塗ってないか、チェックも必要です。
見直し時間やチェック時間も考えると、時間はあればあるほどいい。

そこで僕は、まずは自己診断からはじめることをしています。
自分でTOEICの模擬試験をやってみる。


TOEIC公式問題集を取り寄せて、時間通りに解いてみるのです。
解く前には、あらかじめ時間を逆算しておいてください。
「この問題を解くときには残り何分」と目安をつけて問題集に書き込んでおく。

あるいは「この問題を解くときには何時何分」と書いてもいいです。
開始時刻を決めておけば、何時に終了するかはわかるわけで、途中の経過時刻も計算できます。
解くときには、時計(アナログ時計)を手元においてください。


時間を確認しながら解きます。解いたら時刻をそのたびに問題集に書きこむ。
以上をすることで、予定と現実の差がみえます。
どこの問題で時間がかかっているのかがわかりますし…。


1問あたり何秒で解かねばならないところを何秒かけているのか。
そういった課題もみえてきます。まずはここからですね。
英語力をつけるのは、課題がみつかってからでも遅くありません。


僕の英語塾でもTOEICや英検のテキストでは時間制限を設けています。
時間との戦いですから、時間を意識することは大事なことです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。