六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英文メールを間違わずに書けるようになるか教えてください。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
仕事の兼ね合いで英語でメールを書くことが多いです。
英文メールを間違わずに書けるようになるか教えてください。

【塾長の回答】
英文ライティングの本を買ってきて1日1英文書きましょう。
間違い表をつくりましょう。

-----------------------------------

お仕事で英語メールを間違わずに書けるようになりたいというご相談ですね。

僕のおすすめは、毎日英文を書く作業をすることです。
英文1つでもいいから、書くことが大事だとおもっています。
ライティングスキルは、練習の数をこなすことが先決ですので。


そこでまずは、英文ライティング用の参考書を買ってください。
そして1日1英文でいいですから、手で書いてみてください。
キーボードでもいいですけど、とにかく形にしてみる。
そしてその答え合わせをする。この活動は必須です。

次に、同じ間違いをしないために、「間違い表」をつくる。
英文メールを書くときの一番の問題点は、似た間違いを何度も何度もしていることなんです。
たとえば「the」のつかいかたなど、間違うパターンってだいたい決まっています。
その対策のために、「間違い表」をつくるということです。

間違い表のつくり方は以下のようにすれば簡単です。

1.表をつくる(エクセルでも紙でも)
2.間違ったら、表に間違った英文を記入
3.間違った箇所と、解説も加える

間違い表は、追記していくので、どんどん長くなっていくことでしょう。
でも、あるときを境にピタッと止まります。
同じ間違いが多いから、だんだんと数も落ちついてくるからです。

あとは、毎日英文を書きましょう。
英文を書く前には、間違い表をみてから、書くといいですよ。
これは毎日やりましょう。
英文メールを書くときも、間違い表をつかってください。
それによって英文メールがどんどんうまくなるはずです。

英語メールを書くというのは「単純作業」です。
でもその単純作業も、少しずつなら毎日楽しく書くことができます。
僕の英語塾でも、少しずつというのをすごく大事にしています。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ