六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】3日坊主を克服するための方法について教えてください。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
毎日、英語の勉強を継続しようと思ってはいるのですが、なかなか毎日継続できません。
3日坊主を克服するための方法について教えてください。


【塾長の回答】
「1の法則」を守るようにしてください。

-----------------------------------

3日坊主で英語の勉強を継続できない、というご相談ですね。
僕は「1の法則」を順守することをお薦めします。
「1の法則」を守ることで、僕は何十日間も連続で継続することができてきました。
『1の法則』とは「1の壁を越えた人は成功する」という法則。
シンプルな法則です。でも最強といわれております。


1の壁を越えれば成功者になれる法則です。
たとえばイチローさん。
彼のような成功者になるには、すごく大きな壁を越えなければいけないイメージありませんか?
でも、そんなことないんです。大きな壁を超えなくていい。
実は「1」の壁を超えられればいい。
成功と失敗の差を突き詰めると「0から1になれたかどうか」という話になるんです。
0と1は、近いようにみえて全然近くないです。


「0と1の間には、とてつもなく深い崖がある」と思ってもらっていいです。
0から1に近づくことはできます。
けれども、たとえば0.9でも0.99であっても「1ではない」ですよね。


でも、どこかの時点で「0から1に成るときがある」んです。
はじめて新しい何かになる。それが成功と言われるものです。
つまり成功とは、10や100や1000ではない。
「たった1の壁」さえ超えればいいということなんですね。


逆にいうと「1の壁を超える」たびに人は成功しているんです。
だから、1の壁をなんとしても超えてください。
歯を食いしばってでも超えてください。


たとえばTOEIC。
TOEICを勉強しているなら、何か「1」を超えてください。
たとえば問題をたった1問でも解けば、「1」の壁は超えています。
1問でも解けば、これでOKなのです。

あるいはキストのページを開くだけでもいい。
ページを「1ページでも開けば」、「1」の壁は超えています。
1の法則を順守するとは、そういうことです。
どうですか?「1の法則」、簡単そうでしょう?


でも、それでも、毎日「1問も」解かない人はいます。
毎日「1ページも」テキストを開けない人もいるんですよ。
そう。
意外とどうして、1の法則を順守できる人は限られるのです。


あなたが、1の法則を順守し、1の壁を超えられる人であることを願います。
そうなら、万人の中から選ばれた成功者になることでしょう。

ちなみに僕の英語塾は継続率は94%と高い塾です。
英語を楽しく続けられるようにいろんな「仕込み」をいれています。
それでもやっぱり、最後は当人の「1の壁を超えられるか」です。


「1の法則」を順守できる人は、やっぱりそれほど多くない。
だけどそれでも、僕は、1の壁を超えるよう、声に出していきます。
1人でも多くの成功者を生み出したいからです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ