六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英語を今年はがんばりたいんですけど、主婦なもので時間がないんです。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
英語を今年はがんばりたいんですけど、主婦なもので時間がないんです。
近所のママ友との付き合いもありますし(これが一番大きいですが)。
みなさんどうされているのでしょうか?

【塾長の回答】
主婦の方の時間のつくり方は、時間を奪い取る人を遠ざけることです。
そうすれば本来やるべきことに時間をつかえます。

-----------------------------------

主婦で、英語をがんばりたいが、付き合いもあって時間がない。
というご相談ですね。
僕のお勧めは、あなたの時間をとっている人を遠ざけること、です。
あなたの時間を奪い取る人を、あなたから遠ざけてください。
そうすれば本来やるべきことに時間をつかえます。


では「あなたの時間を奪い取る人」とはだれか?
あなたに「ちょっといい?」と言ってくる人です。
あなたに「ちょっといい?」と言ってくる人は、その後必ずあなたの時間を奪います(笑)。
これは実はなかなか知られていない法則です。すぐわかると思いますが。
そのときにあなたは「いいよ」とは言わないでくださいね。


言うと、時間を奪われてしまいます。
「いま忙しいからダメ。あしたにして?」と言って、翌日に延ばしてください。
そして翌日も「ちょっといい?」と言われたら、どうするか。
「いま忙しいからダメ。あしたにして?」と言って、さらに翌日に延ばしてください。


こうすると、あなたの時間を奪われることはなくなります。
「断って悪いなぁ」と思う必要はありません。
「ちょっといい?」とあなたに言う人は、別にあなたでなくてもいいのです。
誰か、自分の話を聞いてくれる人がいれば、それでいいのです。


あなたが「御しやすいから」、あなたに「ちょっといい?」と言うのです。
他の人よりもホイホイ話を聞いてくれる、優しさにつけこんでいるのです。


実際、「いま忙しいからダメ。明日にして」と言い続けると、どうなるか。
3回もしたら、「ちょっといい?」という人はあなたのところに来なくなります。
その人は、あなたではない他の人に、ちょっといい?と話をしているからです。
つまりあなたの代わりの獲物をみつけたというわけです。
「いま忙しいからダメ。あしたにして?」と言う。
本当に簡単なことなのですが、これができていない主婦の方がとても多い。
そのために何年も何十年も、たいせつな人生と時間を奪われているのです。


もしあなたに時間があれば、やりたいこと、たくさんありますよね。
子育てや教育や、女子力アップ、アンチエイジング・・・そして英語(笑)。
そのために、自分の時間と人生と自由を取り戻してください。
「いま忙しいからダメ。あしたにして?」と言うだけです。
僕の英語塾では、今回のような時間のつくり方や、対人関係の講座も用意する予定です。
結局すべては英語につながるからです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ