六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】半年後に英語で失敗しないようになにがおすすめですか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
半年後にニュージャージーに転勤することが決まりました。
それまでに英語をテコ入れしておかねばなりません。
半年後に英語で失敗しないようになにがおすすめですか?
まだ英会話スクールもなにも決めていません。

【塾長の回答】
半年間で英会話文を50個覚えましょう。

-----------------------------------

半年後に海外転勤するので、英語で失敗しないためにどうすればよいか?
というご相談ですね。


僕なら「半年間で英会話文を50個覚える」ことをすると思います。
そういうチャレンジをします。(実際してきました)
半年間あれば英会話文50個覚えることは現実的です。
50個でも少ないぐらいですが、50個覚えきるとおもえば悪くない数字です。


英会話を50個も覚えられたら、海外に行っても戸惑う可能性はかなり減ります。
ある程度は話せるという「保険」はあったほうがいいですからね。
50パターンの英会話ができるというのは心強いものです。


また英会話文を覚える良いことは、リスニング力に直結することです。
英会話は、最悪話せなくても、理解さえできたらなんとかなります。
僕の英語塾では、英会話文をどんどん覚えていくことをしています。
イザというときに頼れるのは「覚えた英会話文の数」だからです。
覚えた英会話文の数が多ければ多いほど、自信をもっていられる。


だからとにかく数をかせぐことを念頭においているんですね。
自信もって海外に行くには、数を担保することを心がけてください。
ご参考にしてくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ