六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英語の教員を目指していますが、どの資格の勉強をするべきですか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
英語の教員を目指しているのである程度の英語力を付けようと考えています。
TOEIC、TOEFL、英検など様々な資格がありますが、教員を目指すならどの資格の勉強をするべきですか?
個人的にはTOEICで勉強しつつスピーキングや発音のトレーニングをするのが良いと考えています。

【塾長の回答】
日本で就職されるのでしたら英検かTOEICがおすすめです。
TOEFLは日本ではTOEICよりもマニアックですし、参考書も多くありませんので。
英検は準1級。TOEICは650点オーバーあれば充分かと思います。

-----------------------------------

英語の教員を目指すのに、なにの資格をとるべきか?
というご相談ですね。
英語の資格といえば、TOEIC。英検。TOEFLの3つが代表格です。日本では。


TOEFLは、TOEICと試験形式は似ています。名前も似ています(笑)。
なのですが、日本での認知度では、TOEICが圧倒的ですね。
TOEFLはマニアックという感じなので、まぁ捨てていいでしょう。
(ちなみにアメリカではTOEFLが基本なので、アメリカで就職するならTOEFLでがんばってください。)


とすると日本で就職するなら、TOEICと英検が候補となります。
で、僕は個人的には「両方勉強して、両方とったら?」と思いますね。


満点とるのなら1つの資格に絞るべきでしょうけど。
でも目的はそうではないでしょうから。
目的は、英語の教員として、英語の資格はほしい、ということだと思います。


だったら満点とる必要はないので、難易度は低くなる。
TOEICなら650点オーバー。英検で準1級とる。ぐらいでいいのではないかと。
これぐらいなら、試験ごとのブレはないので、両方一緒にとれると思います。
それに英語の教員を目指されるのなら、英検もTOEICも両方の経験があるほうがいい気もしますね。


教え子にもいろいろと幅広くアドバイスができるのではないかと思います。
僕の英語塾でもリーディングに限ってですが、TOEICと英検と両方の講座があります。
TOEICと英検、満点でないのなら、一挙両得できるだろうとふんでいるからです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ