読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】テレビで有名な、英語の聞き流し?教材を使っています。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
テレビで有名な、英語の聞き流し?教材を使っています。
どのような勉強方がいいのかわかりません。
どうすればいいですか?

【塾長の回答】
英語の聞き流しはあまり期待はできないですが、活用方法はいくつかあります。
まずはその教材を聞き流ししないでください。書き下してください。
次に、英語の先生を確保してください。質問できる人が必要です。
教材にテキストがないのなら特に、先生(プロ)を確保しましょう。

-----------------------------------

テレビで有名な英語の聞き流し教材の勉強法を教えてほしい、
というご相談ですね。
初心者・中級者向けとしては、英語の聞き流しはとても非効率といえます。
理由は、聞き流ししている言葉の意味がわからないからです。
意味のわからない言葉を何度聞いても、意味がわからないのは当然です。


英語の聞き流し教材が役にたつのは、上級者のみです。
英語の上級者なら、聞き流し教材を、自分の英語力のメンテナンス(復習)につかえます。
「忘れてたけど、聞いて思いだした」という感じで、役に立つわけです。
といっても買っちゃったらしょうがないので(笑)、なんとか活用したいものですね。

そこでまずは、その教材で英語を聞き流しするのではなくて、書き下す。
聞き流しするからダメなわけで、1個1個英会話を書き下せばただの音声教材として役に立ちます。
次に「英語の先生」からのサポートが必須だと思います。
なぜなら、その書き下した内容が正しいかどうかはわからないからです。


最近の聞き流し系の教材には、テキストがありませんから。
それに英語の先生からのサポートがないと、英語ってどこかでつまづきますから。
つまづくのはいいんですけど、つまづいたままになってる人、すごく多いです。


つまづいてこけても、さっと立ち上がっていければ、誰も英語は話せます。
そのために、せめて最初は先生が必要かなと思います。
英語の先生は、ネットで「英語の家庭教師」を探せばたくさんいます。
また個人契約しなくても、サービスに契約すればいいケースもあります。


僕の英語塾のように、入塾すれば英語の先生のサポート付!みたいなところもあります。
いろいろ探してみてくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。