六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英語はやっては止めの繰り返しです。継続したいのですが・・・

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
英語はやっては止めの繰り返しです。継続したいのですが・・・

【塾長の回答】
ベンジャミンの本を読んでみましょう。
13の徳を毎週守り、英語に挑戦してみましょう。

-----------------------------------

英語をやっては止めるというご相談ですね。
わかります。僕もその1人ですね(笑)。
でも、こんな英語を続けられない自分をなんとかしたい。これも事実。



そこでですが。
フランクリン・ベンジャミンの本を読んでみることをお勧めします。
特に「13の徳」についてのページを読んでください。
英語学習がつづけやすくなるコツが書いています。


ベンジャミンとは、「米国人の父」といわれた偉人です。
ベンジャミン・フランクリン。政治・外交・物理学・気象学で著名な方です。
国民の信を得てアメリカ独立宣言の起草委員にもなった。
健康でありつづけ、大きな財産をつくりました。
要するにアメリカのヒーローです。アベンジャーズみたいな人ですな。


ところがこんな偉大なベンジャミンも、昔は違っていました。
昔は何をやっても続かない自堕落な人だったというんです。
そんなダメダメなベンジャミンが、自分をどう変えたか。


ベンジャミンはあるとき、ふとかんがえた。

「自分の性癖、習慣が我慢ならんのやっ」
「もっと清く正しくいきたいんやっ」
(※関西弁なのはアレンジです)


それで自分に必要な「徳」を13個かんがえました。
その13の徳目とは以下の通り。


節制
沈黙
規律
決断
節約
勤勉
誠実
正義
中庸
清潔
平静
純潔
謙譲


そして「この13の項目に反する行為は絶対にしない」。そうベンジャミンは心に決めた。
それで心に決めただけでなくて行動まで結びつけたの。ここが偉大なんだけど・・・。


ベンジャミンはこう考えた。

「13項目もの徳を同時に守るのはむずかしいな。
だから1週間に1個ずつ徳を守ることにしよか。」

そう考えて1週間に1個、徳を厳守すると決めました。

たとえば1週間目は「節制」を守る。
そして2週間目は「沈黙」を守る。
そして3週間目は「規律」を守る。
こんな感じ。


すると1年かけて各徳を4回守ることができます(52週÷13項目=4)。
そうして1年間続けた結果、どうなったか。


彼は自堕落な自分を乗り越えた。
そして、それはとても幸せだったそうです。
そして自堕落だった彼は文字通り、アメリカのヒーローになった。



というわけで、英語の勉強をやっても続かない人はベンジャミンの本を1度読んでください。
そして13の徳を1週間ごとに守ること、やってみてください。


英語も楽しむには、一定の規律はあったほうがいいかもしれない。
スポーツも、ルールにのっとるから楽しいわけですからね。
僕の英語塾でも楽しんで英語をやれるように心がけています。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。