読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】TOEICが数年ほど伸び悩んでいて、500点前後をうろうろしています。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
TOEICが数年ほど伸び悩んでいて、500点前後をうろうろしています。
英語の勉強は細々続けてはいるのですが、困っています。

【塾長の回答】
同じペースから脱却することが早道とおもいます。

まず、TOEIC問題集を変えましょう。
次に、解く手順を変えましょう。
最後に解く日時を変えましょう。

-----------------------------------

TOEICスコアが長年伸び悩んでいるというご相談ですね。
これは、まず、長年やってるペースを「変える」ことが重要です。
TOEICスコアが伸びない一番の問題はですね。


今のやり方を変えずに、ずーっとTOEICを学んでいることなんです。
今のやり方を踏襲して、なんとかしようとしていることなんです。


うまくいかない」のに「やり方は変えない」ことなんですよね。
同じペースでやっていては、数年先も何も変わりませんのでね。
めんどくさいけど「変える」「変わる」ことをしましょう。


問題集を新しくして、解く手順を変えて、解く日時を変える。
この3つを同時に変えるんです。同時に変えてください。
どれか1つだけ変えてもあまり効果はありません。3つ同時に変える。


僕の英語塾でも、伸び悩んだ塾生にはそういうアドバイスをしています。
よくないスパイラルから脱けるには、何かを変えるとうまくいきます。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。