六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】「自分の英語はこの程度かな」と言い聞かせてきましたが・・・

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
「自分の英語はこの程度かな」と言い聞かせてきました。
ですが限界を決めてはいけないと人に言われ、その通りだと最近は考えを変えています。
意識を変えるために、祐樹さんは何をしていますか?

【塾長の回答】
鏡に向かって「あなたは英語が話せる人だ!」と話しかけます。

あるいは「あなたはTOEICで高得点とれた人だ」と話しかけましょう。

-----------------------------------

英語で自分の限界を感じているが、意識を前向きにするにはどうすればよいか?
というご相談ですね。


僕が個人的にしていることをお教えしましょう。
まずは鏡に向かって「あなたは英語が話せる人だ!」と言い聞かせてください。
鏡に向かって

「お前は英語ができる人だ!」
「あなたは英語が話せる人だ!」

というように話しかけてください。
ここで注意すること!
「あなたは」「お前は」という二人称をつかってください。


「私は」「俺は」という一人称を使わないでください。
鏡に語りかけるこの時は、あなたがあなたの一番の理解者で専属コーチになったつもりになってください。
優しく鏡のあなたに向かって語りかけましょう。
もちろん語りかけるときは真剣にです。
気持ちを入れずに適当にとりあえず言っておいた・・・では効果はないですね。
鏡の自分をみて、しっかりと気持ちを込めて語りかけてください。
そしてもう一つ大事なことがあります。


「英会話ができるようになる!」と語りかけてはダメなんです。
「未来に自分がなる」という語り口ではなくて、「お前は(すでに)英会話が話せる人だ!」と。
もうすでにその姿になっているつもりで語りかけてください。
未来でなっているように語ると、まだ掴んでいないような気持ちになります。


これは「雲をつかむ」と同じで、現実感がない、ふわふわした感じになるんですね。


これではメンタルブロックは取れません。
しかし、もうその姿に既になっているように言いますと、意識が変わります。
「もう英会話のプロである」と言うと、「英語なんて話せて当然でしょ!」という気持ちになってきます。


僕の英語塾では、英語のやる気・モチベーションを高める講座もつくっています。
これで元気をもらえた、やる気を取り戻した、という効果を狙ってます。



この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。