読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】悩みは、日々の仕事が大変多忙で、英語学習ができないことです。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
都内のIT会社に勤める者です。
今の悩みは、日々の仕事が大変多忙で、英語学習ができないことです。
思う様に勉強が出来ず困ってます。どうやれば英語学習の時間を作れるでしょうか。

【塾長の回答】
お仕事の優先順位を変えて、英語の優先度をトップにもってきましょう。

-----------------------------------

日々の仕事が多忙なため、英語する時間がない。時間を作るには?
というご相談ですね。
1つの方法として、英語の時間をつくるてっとり早い方法があります。
お仕事の優先順位を変えて、英語の優先度を「トップに」もってきましょう。
そうすれば英語学習の時間はできます。
お仕事で忙しい方なら、やることリスト(TODOリスト)はつくられていると思います。


仕事をリスト化して、優先順位に並べて、優先度の高い仕事からやって時間効率を測るためのリストですよね。
この、やることリストの目的は、時間効率にあるわけですが、そのリストのつくり方を変えましょう。
リストのトップに「英語」を持ってきてください。確実に英語はできます。


英語の時間がないのは、英語の優先度が低いからなのです。


忙しいからでもないし、時間がないからではないのです。
時間はあっても、英語をする順番が低いから、できないだけなのです。


いまや英語は立派なスキルです。
会社にとっても本人にとっても、英語ができると良いことが多いと思います。
やることリストのトップに英語をもってくること、悪くないことだと思いますよ。



ちなみに僕の英語塾は、1日10分で英語をやれるテキストを作っています。
1日10分なら英語をやっても、仕事に影響は出ることはないでしょう。
頭の体操にもなって仕事をバリバリこなせるようにもなるんじゃないでしょうか。
やることリストのトップに英語を持ってこれる、よい事例です。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。