六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英字新聞を購読して毎朝読んでますが、イライラします。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
英字新聞を購読して毎朝読んでますが、イライラします。
1・2行読むたびに英単語の意味でつまづいてしまう。
ぜんぜん読むのが進まなくて、結局日本の新聞を読んでます。
英字新聞をどんどん読める方法、ほかにいい方法ありますか?

【塾長の回答】
英字新聞に出る「動詞」を集中的に覚えてください。

-----------------------------------

英字新聞をどんどん読める方法についてのご相談ですね。
僕のおすすめの方法。
英字新聞に出る「動詞」を集中的に覚えてください。
動詞の英単語を極めると、英語を読むのがとたんに易しくなりますので。
英文をみてもらえればわかりますが、英文では「動詞の位置」は最初のほうにきます。


たとえば「私はペンを持っています」という言葉。
日本語では、動詞は「持っています」なので、最後に来ますね。
これを英語で言えば「I have a pen.」


動詞は「have」になるので、最初のほうに動詞があるのです。
つまり動詞がわからないと、英文はすぐに読めなくなる。
だから動詞の英単語をたくさんおぼえれば、英文は読める確率が高まります。


なお、動詞の前には「名詞」もありますが、そもそも固有名詞の数は少ない。
動詞の数のほうが多いので、動詞を優先しておぼえるのが効率的なんですね。


解決策は「動詞の位置」です。動詞が決めてです。
最悪、名詞がわからなくても、動詞がわかれば文脈は追えます。
僕の英語塾でも、動詞中心で英語を話せる工夫をしています。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ