六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】ネイティブにおかしいと思われないようにするにはどうすればいいですか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
海外にいるので、ネイティブと話す機会があります。
大体の話は通じるんですが、ときどきネイティブに「?」という顔をされます。
おかしな英語とネイティブに思われないようにするにはどうすればいいですか?

【塾長の回答】
英会話では「聞き役」に徹しましょう。
ネイティブから本当の英会話を引きだします。
それを丸ごといただきましょう。

-----------------------------------

おかしな英会話とネイティブに思われないしたい、というご相談ですね。
ネイティブにおかしくない英語を話すには、方法はいくつかあります。


一番ラクな方法は、ネイティブの言葉をそのまま「いただく」方法です。
ネイティブの話す言葉をそのまま覚えて、そのまま話せばいい。


日本人は、どうしても「日本語を英語に翻訳しよう」としちゃいます。
でも、この翻訳をやっている限り、「おかしな英会話」になってしまう。
プロの翻訳家でもない限り、僕たちのつくる英会話はおかしい英会話にならざるを得ないからです。


でも、いつだって「ネイティブの話す英語が正しい」のです。
だから、それをいただきましょう。

そこで、とりあえず自分から話すのをやめて聞くことに徹することにしましょう。


まず、ネイティブと話すときは、聞き役に徹してください。
自分から話さずに、ネイティブにとにかく話させてください。
相手の英会話に対して「うんうん」とうなづくといいですよ。話好きの人は調子に乗って英会話をしてくる。
そうやってネイティブの調子をうまく乗せてあげるんです。


「うんうん」とうなづくポイントは以下の通り。

1.相手の会話にかぶせずに、タイミングよく、うなづく。
2.うなづく言葉は「アイシー」「アーハ」「オーケー」といった言葉をランダムに使う。
3.相手の目をみてうなづく。


あとはそのネイティブの話す言葉をそのまま覚えてください。
そのまま話せばいい。その英会話は「おかしいと思われることはありません」。
僕の英語塾が「フレーズを丸ごと覚える」ことに徹している理由。
それは「100%正解の英会話をすることで、バカにされないこと」にもあるんです。


おかしな英会話をすることで、ネイティブにバカにされると辛いんです(笑)。
その屈辱、予防するためにやるべきことをやっています。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ