六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英語はダラダラやってしまいます。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
英語をダラダラやってしまいます。
どうしても非効率になりがち・・・。困っています。

【塾長の回答】
1日の時間割表をつくってください。
3ステップでとりあえず仮置きでOKです。。
自分にマッチするように時間割表を常に改良しましょう。

-----------------------------------

英語をダラダラやって非効率になって困っている、というご相談ですね。


ダラダラやっている理由にはいろいろあります。
やる気がない、時間がない、やり方がわからない・・・。

このうち「時間がない」問題は、解決法があります。
「1日のスケジュール表」をつくってください。
スケジュール表をつくると、時間感覚が養われて英語に没頭できる効果があります。


次の3ステップでつくっていくといいでしょう。

ステップ1.下記の時間割表を、とりあえず紙に書く。
ーーー
6時      起床
6時半~8時  1時限目
8時~9時   出社 
9時~10時   2時限目
10時~10時半 休憩
10時半~12時 2時限目
12時~13時  お昼
13時~14時半 3時限目
14時半~15時 休憩
15時半~17時 4時限目
17時~18時  帰宅
18時~20時  夕食
20時~22時  テレビ
22時~23時  お風呂
23時~24時  5時限目
24時     就寝
ーーー


ステップ2.起床時刻・就寝時刻を変える。
自分の起床時刻・就寝時刻に合わせてください。
それに合わせて、スケジュールを調整してください。


ステップ3.譲れないことを実施するために休憩時間をずらす。
例えば、毎週見てるテレビドラマがあればその時間帯を記入する。
例えば、子どもの送り迎え時間があればその時間帯も記入する。
それに合わせて、スケジュールを調整してください。


ステップ4.各時限に、英語学習やその他仕事を記入する。
(例)英会話学習、英会話スクール、お買い物、仕事


スケジュール表の目的は、あくまであなたの時間感覚を養うことです。

「この時間は何をしているべき時間」
「あと数時間でやることはなにか」

をざくっと自分の中で感覚的にわかってもることが目的です。


ざくっとでも時間感覚がわかれば、ダラダラせずにきびきび行動にうつれます。
英語は時間の使い方がうまければ成功します。


僕の英語塾では1日10分間と訓練時間を決めています。
これは塾生さんに、時間を意識してもらう意味もあるのです。
時間感覚を養ってもらえれば、英会話を習得するまでの期間が数年間は短くなる。
できるだけ早く英語をしゃべってもらえるためには、時間が決めてです。



この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ