読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】日常会話程度なら英会話はできますが、長くペラペラと話し続けることができません。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
日常会話程度なら英会話はできますが、長くペラペラと話し続けることができません。
ネイティブスピーカーのように話し続けるレベルまでにはほぼ遠く・・・。
なにか話をつづけられるコツなどありますか?

【塾長の回答】
英会話は平常文だけつかうように心がけてみましょう。
疑問文をあえてつかわないことで、英会話が続きやすくなります。

-----------------------------------

日常会話はできるが、長くペラペラと英会話するにはどうすればよいか?
というご相談ですね。
いろいろと方法は考えられますが、1ついい方法をお教えします。


「平常文だけで意思を伝えるようにしてください。」
つまり、疑問文はつかわないように話してみる。
疑問文をつかいたいときに、平常文で言うように心がけてみましょう。


たとえば「○○してもらえませんか?」と言うときは「○○してほしい」と言うのです。
英語でいうと Could you .. ? ではなく、I want you to .. と言う感じですね。
平常文なら、永遠に話を続けることができます。
相手に意思が伝わっていなければどんどん話を加えて「補足を追加」すればいい。


「AND」をつければ、つたない短い英会話でも話が続けられますよね。
長く話し続けることができます。


疑問文が入ると、
そこで話が終わってしまいます。
「○○してもらえませんか?」と疑問文で言ってしまうと、次に話が続きません。
「○○してほしい」と平常文で言えば、まだまだ話を続けられますよ。
疑問文を平常文でどう言い換えればわからない?
そういうときは、素直に英語のプロに聞いて教えてもらうのがよろしいかと思います。


プロに丸投げするのが、大人の戦い方です。
たとえば僕の英語塾では、英語のプロに何度でも聞くことができます。
そういう人を確保しておくのは英会話では大事なことです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。