六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】日本にくる外国人に案内などしてあげたいと思いますが、英語がでません。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
日本にくる外国人に案内などしてあげたいと思いますが、英語がでません。
気持ち的に前向きでないのかもしれませんが、なにかいい方法あれば教えてください。

【塾長の回答】
英会話前に、息を大きく吐いてください。
その後、声のボリュームを大きくして話しましょう。

-----------------------------------

外国人の方に前向きに英語で話しかけるには?というご相談ですね。
僕のおすすめですが、まず英会話前に息を大きく吐いてください。
息を吸うのではなく、吐いてください。
これで緊張がずいぶん解消されます。

といいますのは、人って緊張すると、息を吸うことばかりしてしまうそうなんです。
つまり、人は緊張すると、息を吐くことができなくなる。
(だから身の危険がせまった時は、人は声が出なくなるそうです。
経験ありませんか?)

息を吐くことができないと、話すことができません。
英語を話したくても、声が出ません。
だから緊張するときは、息を吐くことをしてください。

息を吸うのは勝手にしますので、息を吐くことをしてください。
息を吐くことを心がけて、大きく息を吐いてください。
これで、声を出すことができるようになります。

次に、あなたの声のボリュームを大きくしてください。
知らない人に声をかけるには、「勢い」が必要なんです。
勢いで、他人の目を気にする気持ちを吹き飛ばすしかない。
それにはどうすればいいかって、声のボリュームをあげればいい。
でっかい声で英会話をして、おおきな声で返答しましょう。

・英語を話す前に、息を大きく吐く。
・英語を話すときは、大きな声で話すようにする。

この2点を守れば外国人の方にも話しかけられるようになりやすいと思います。
ご参考にしてくださいね。

僕の英語塾では塾生さんに「暗唱」していただいています。
それは暗唱することで「イザというときに声を出す」訓練をしているからなんです。
僕もこの訓練をして英会話を堂々とできるようになったんですよ。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ