六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】小中高と英語の成績が良かった私ですが、英会話では苦労しています。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
小中高と英語の成績が良かった私ですが、それも過去のこと。
いまは英語をほとんど忘れてしまい、1からのスタートです。
これから私のやることをおしえてください。

【塾長の回答】
受験英語ををわすれましょう。
英会話をはじめましょう。

-----------------------------------

学生時代の頃の英語は忘れてしまった。
1からはじめたいがどうすれば・・・?というご相談ですね。
僕のお勧めは「受験英語をわすれましょう」ということ。
そして「英会話から」はじめましょう、ということです。


なぜ受験英語をわすれるのか?勉強しないのか?
といいますと「受験英語は、英語ではない」と僕は考えているからです。
私たち日本人が学んできた受験英語は、英語と日本語が密接に絡んでいます。


英語を日本語に訳すことに特化した科目が、受験英語なのです。
しかし、アメリカ人はその受験英語を勉強しているでしょうか?
もちろんしているわけがありません。
アメリカ人が受験英語を学ばされるということはありえない。
受験英語は日本人のため、大学受験のために存在するのですから。


つまり、受験英語は、英語とは言えない。
少なくとも本来の英語の姿ではないと言えます。日本人向けの「別のナニカ」なのです。


ちなみに僕は、日本で受験英語を勉強したことがあります。
そしてアメリカでも、英語の授業を受けたことがあります。
同じ英語の授業でも、アメリカと日本では、全然違いました。
アメリカ人にとっては、英語とは「国語」でしたからね。
英語をつかって英語を学ぶ。それがアメリカの授業でした。


「受験英語は、英語とは違う」というのが僕の意見です。
ですので「大学受験をしない社会人は、受験英語をしなくて良い」と考えています。
(それどころか、受験英語は忘れてよいとまで考えています。)
ですので英会話をすることをお勧めします。
英会話は、受験英語など知らなくてもできます。
初心者でも誰でもできます。受験英語より簡単なのです。


ちなみに世界では「英語を話せるが、読めない」人が圧倒的多数であることはご存じでしょうか。
そう、教育を受けていないせいで文字を読めない人は多い。
けれどもそういう文字が読めない人でも、英語は話すことはできるのです。
日本とは逆ですね。


日本では英語を読めても話せない人のほうが多い。
日本が特殊なんです。
その原因は・・・受験英語と言っていいでしょう。

受験英語さえやめれば、日本人はもっと英語を話せるようになると思います。
そういうわけで僕の英語塾では、受験英語はまったく相手にしていません。
受験英語など完全無視で英語を訓練しているのは、そういう理由なんです。



この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ