読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】電車通勤に往復で2時間あるのですが、英語に活かすいい方法を教えてください。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
電車通勤に往復で2時間あるのですが、英語に活かすいい方法を教えてください。
どんなことをすると一番よいでしょうか。

【塾長の回答】
電車の中では単純作業に徹してください。
スマホを活用して、英単語暗記・英熟語暗記が◎です。

-----------------------------------

電車通勤に2時間かかるが、英語に活かすにはどうすれば?
というご相談ですね。
電車通勤は、実に英語力をアップさせる大チャンスです。
けれども、やることは限られます。ずばり「単純作業」です。
電車通勤中は、単純作業をすることがいいです。


というのは、電車のように動いている場所では、頭をつかう勉強は適していません。
気が散ってしまいますから。
だから通勤中は、シンプルな単純作業をすることが鉄則です。
それに英単語の暗記はぴったりです。


電車のような場所では、英単語・英熟語の暗記に情熱をかけると効率がいいですよ。
たとえばスマホを活用して、英単語暗記するのはいかがでしょうか。
満員電車であってもスマホ片手にすることはできますから。
僕は電車通勤中に、英単語を3000個びっしり暗記したことがあります。
さすがに数ヶ月はかかりましたけど、時間は有効活用できました。



ちなみに僕の英語塾では、英語テキストはメールで配信しています。
ですのでスマホにメールアプリ(Gmailなど)をいれればいい。
電車通勤でも英語学習ができるのでお勧めです。



この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。