読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】意思が弱く、英語を粘り強くやっていく自信がありません。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
意思が弱く、英語を粘り強くやっていく自信がありません。
英語することは好きなのですが・・・

【塾長の回答】
英語は好きにならず、嫌いにもならないのが良いです。
「英語はライフワークで続けてます」と普段、口にしましょう。
「英語はライフワークで続けてます」と普段、人に言いましょう。

-----------------------------------

意思が弱くて英語をつづける自信がない、というご相談ですね。

まず、英語を「あんまり好きにならないでください。」
英語をやりつづけられる意思の強い人になるにはこれが基本です。
かといって、英語を嫌いにもならないでほしいんですけど(笑)。
「ニュートラル」な気持ちで、英語をやってほしいんです。


と言いますのは・・・
英語は「好きになると、途中で止めてしまう」ことが多いのです。
一途に好きになると特に、止めてしまう人、多いんですよ。


人は「好きになったものは嫌いになる」。
だから英語を好きな人は、いずれ嫌いにもなってしまうんだ。
そうなると英語ができないままで終わってしまう。
実際、英語では「かわいさ余って憎さ100倍」になります)。
こうなると英語を途中でやめてしまうんだよね。
そして途中で止めてしまうと英語力は落ちてしまう。


英語で勝つコツは「継続すること」だからね。
英語力の才能とは、続けられる才能と言ってもいい。
実際、英語は継続できずに途中敗退してしまう人が圧倒的なんです。


だから英語を続けてる人にとってはヘブン状態ですよ。
何もしなくてもライバルが勝手に消えてくれるんだもの。
英語を好きでも嫌いでもならない精神状態がだいじってことですね。
これで英語を粘り強くやっていける下地ができる。


その上で、他人に宣言するんです。
「英語はライフワークで続けてます」と普段、口にする。
「英語はライフワークで続けてます」と普段、人に言う。


人は「口に出したこと、人に言ったことは、実現確率が上がる」。
だから宣言しちゃうといいんだよ、というお話です。


ちょっとメンタル的な話になっちゃったけど・・・重要な話です。
意思の強さ、粘り強さは、メンタル的な話ですからね。結局。
そして「普段口にしている言葉」がメンタルを決めます。
普段口にしている言葉が、その人の意思を強くするんです。


ですので、お願いしますね。言ってください。
「英語はライフワークで続けてます」と普段、口にする。
「英語はライフワークで続けてます」と普段、人に言う。


僕の英語塾では、英語は「ニュートラル」で接してほしいと言ってます。
英語は嫌いになったら元も子もないけど、好きになってもいけないよと。
英語は人と話すための道具(ツール)ですから、愛する必要はないんだよと。
この言葉がきっかけで英語に接する態度が変わった人は多いです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。