読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】TOEICのリーディングセクション、どうしても点数がとれません。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
TOEICのリーディングセクション、どうしても点数がとれません。

【塾長の回答】
リーディング問題を解く量が足りていないかもしれません。
公式問題集などテキストを用意して、解きまくりましょう。
また正解の英文を口に出して読みましょう。

-----------------------------------

TOEICのリーディングセクションで点数をとりたい、というご相談ですね。
まず言えること。
リーディング問題を解く量が足りていないのかもしれません。
量をかせぐことはやっぱり得点アップには必要です。
TOEICはたくさん参考書があります。


公式問題集などテキストをたくさん用意して、解きまくりましょう。
そして、解くときは答えの英文を口にだして読んでみてください。
TOEICのリーディング問題を解く人、無言で解いている人が多いんです。


これはすごくもったいない。頭で暗記すると頭で思いだすしかないですが・・・
口もつかって暗記すると、口でも思いだすことが可能になるんです。
つまり暗記力が、口をつかうことで「2馬力」になるのです。


たとえば本番のTOEIC試験中でも、口から思いだすことが可能になる。
「なんかこの英文、記憶にあるな・・・なんだったっけ」
というときに口にすると答えが導きだされることがよくあります。
TOEICの問題は、リーディングでも口をつかうのがコツ。


僕の英語塾でも、この暗唱方式を採用しています。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。