読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】日本のような英会話熱国はあるのでしょうか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
日本では英会話ブームはいつの時代も変わりません。
どこでも英会話スクールがあり、英会話上達本やCDや通信教育etc 
日本のような英会話熱国はあるのでしょうか?

【塾長の回答】
英会話を学ぶ側として熱いのは、韓国と中国でしょうね。
英会話を「教える側」として熱いのは、フィリピン。
欧米圏は、英会話はできたらいいね、ぐらいな感じです。

-----------------------------------

日本のような英会話に熱心な国は他にあるのか?というご相談ですね。
基本はアジア圏で英語が白熱していると言えるでしょう。
英会話を学ぶ側として熱いのは、韓国と中国でしょうね。


ちなみに英会話を「教える側」として熱いのは、フィリピン。
フィリピンは海外で出稼ぎするのが基本戦略なので、英語には元々強いのですが。
家庭教師、ベビーシッター、ナニーなどのお仕事で英語をつかいます。
英語は彼らの商売道具ですね。
欧米になりますと、英語はまぁ必要なら学ぶという感じです。


英語を話さない・話せない人は、都市部を離れると意外と多いですよ。
日本だけが英語を話せないわけではないのでご安心ください。
ご参考にしてくださいね。

ちなみに僕の英語塾では、英語はリスニングさえできれば後は自由!
という考え方でやっています。


英語はできたほうがいいに決まってます。
ただ、パーフェクトに英語ができる必要はなくて「ちょっとわかれば」いい。
だからリスニングさえできればとりあえずはOKよ、と割り切っているんですね。
そういう意味では、欧米圏の英語への考え方と似ています。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。