読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】田舎出身の者です。社会人になって英語の必要性に気づきました。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
塾長として英語のご相談に回答します。


【ご相談】
田舎出身の者です。社会人になって英語の必要性に気づきました。
基本中の基本、英語学習でこれだけやってほしいということを教えて下さい。

【塾長の回答】
「日本語⇒英語」の問いに答えることです。

-----------------------------------

英語学習で、基本中の基本、やるべきことは何か?
というご相談ですね。
僕のお勧めは、「日本語⇒英語」の問いに答えること、です。
なぜなら、日本語で言いたいことが英語で言えるようになるからです。
つまり「英語を話す力=スピーキング力」が伸びます。


そして「自分で話せた英語」は、聞くことができる。
人は、口にだせる言葉でないと耳で理解できないものですから。
つまりリスニング力も伸びるわけです。


「日本語⇒英語」のトレーニングで「スピーキング」も「リスニング」も伸びる。
つまり、英会話ができるようになります。
加えて英語が理解できるようになると、英語が読めるようにもなります。


「話せる言葉」がわかれば、文字で読んでも推測ができるからです。
よくわからない英単語があっても、話せる言葉であれば、意味は推測できる。


そう。「英語を読む」から「英語を話す」というのは難しいです。
でも、「英語を話す」から「英語を読む」というのはラクなものです。
僕の英語塾では、「日本語⇒英語」のテキストがメインです。


逆はほとんどありません。「日本語⇒英語」が基本戦略なのです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。無料なので読んでください。読めば読むほど、あなたは英語がパッと話せるようになるでしょう。詳しくはここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。