六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英字新聞を購読して毎朝読んでますが、イライラします。



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「英字新聞を購読して毎朝読んでますが、イライラします。
1・2行読むたびに英単語の意味でつまづいてしまう。
ぜんぜん読むのが進まなくて、結局日本の新聞を読んでます。
英字新聞をどんどん読める方法、ほかにいい方法ありますか?」

英字新聞をどんどん読める方法についてのご相談ですね。

僕のおすすめの方法。
英字新聞に出る「動詞」を集中的に覚えてください。

動詞の英単語を極めると、英語を読むのがとたんに易しくなりますので。

英文をみてもらえればわかりますが、英文では「動詞の位置」は最初のほうにきます。

たとえば「私はペンを持っています」という言葉。
日本語では、動詞は「持っています」なので、最後に来ますね。

これを英語で言えば「I have a pen.」
動詞は「have」になるので、最初のほうに動詞があるのです。

つまり動詞がわからないと、英文はすぐに読めなくなる。
だから動詞の英単語をたくさんおぼえれば、英文は読める確率が高まります。

なお、動詞の前には「名詞」もありますが、そもそも固有名詞の数は少ない。
動詞の数のほうが多いので、動詞を優先しておぼえるのが効率的なんですね。

解決策は「動詞の位置」です。動詞が決めてです。
最悪、名詞がわからなくても、動詞がわかれば文脈は追えます。
僕の英語塾でも、動詞中心で英語を話せる工夫をしています。

結論:
英字新聞に出る「動詞」を集中的に覚えてください。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。